スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

法事

何か疲れた・・

法事って経験あるよね?
誰かが亡くなると、その後宗派によって違うけど、五七日(三十五日)法要または、七七日(四十九日法要)、一周忌、三回忌、七回忌法要・・ずっといろいろ続いて最後は、五〇回忌、百回忌まで続くそうな・・。
まあ、五十回忌までは聞いたことあるが・・。

で、我が家は今回義祖父の七回忌を行ったのです。もちろん両親が中心ですけどね。
と言うことで、嫁は・・。
当然裏方の仕事でして・・・。



実家も一応旧家だったんで、法事には慣れていたし、この家に嫁いでも何回も経験してたけど、だんだん義祖父も歳を取り、私に負担がかかって来るようになった。
一番大変なのは、法事までの準備。
何日も前から、引き出物や御供え、料理、仕出し等いろんな手配をしなければならない。
それは、義母と一緒に動くので、まだ私には責任はかかって来ないけど、異常なまでの掃除が一番疲れた。
大掃除と同じような掃除をさせられる。
座布団を天気がいい時に、出してきて干したり、テーブルを二つ用意したり・・。

年末に窓吹きはしてるけど、もう一度、掃き出し窓の拭き掃除、そのサンの雑巾がけ。縁側や障子のふすまや欄間など、
拭き掃除・・・。
(でも、どうしてお坊さんって、お座敷の縁側の窓から入ってくるんだろうね・・・。挙式の時、お嫁さんも相手の家に入るとき、そこから入るよね。家に一旦入る場合だけど・・)なんてふと思う。

そして、仏壇を掃除して、仏花を替え、お墓の花も替えてくる。玄関も庭も掃除して、まるで老舗の旅館(笑)

お客様用の食器もあちらこちらから出して来て、慎重に扱う。
(どんな高級な食器と言うより、どれだけ古い食器と言うところかな・・爆)
そして、義祖父の写真の前に果物とお餅を供え、ゆりの花(カサブランカ)を飾る。

さあ、これで何とか明日の法事を迎えようと寝たのが、その日は夜中の2時半過ぎだった(-"-)
最近は、法事のお参りが終わると、全員で店のバスでお迎えに来てもらって食べ行っておしまい。
と簡単で済ますことが多いこの頃。
しかし、我が家は義父が家で、食べたいとのこと・・。従うしかないのだ。



そして、当時・・
私はほとんど、台所の仕事。
お茶を出したり、お昼の準備、煮物を綺麗に盛り付け、茶碗蒸し、吸い物を作り、様子を見ながら一人で用意をする。
正直、そういう仕事は嫌いじゃないけど、仕出し等の料理屋さんって、毎日がこんな感じなんだろうなーって痛感する。
お昼なんて、午後2時以降しか食べられないはずだわーーって思う。


無事に法事も終わり、親戚の人に煮物などバックに詰めて持って帰ってもらい、あとの片つけ、洗い物は私一人で全部やって、一応終わった。
親戚の一人が、「茶碗蒸し美味しかった!」とつぶやいた一言が嬉しかった。

次の日、あの使用した沢山の食器の片つけが残っている。箱に入れて、またいつこれは使うのやら・・ね。

おかげで、手が・・一段とガサガサになったわーー(-"-)



ps、本当はね、kがこの法事の日の前の一週間、近く?に仕事に来てたの。
   でも、買い物のついでに顔見れたのは、最初のたった2日だけだった。
   一応、少しだけ差し入れしてあげたけど、ホント顔見てすぐ帰った。
   法事の日と、その前日、私に手伝って欲しいようなメールが来たけど、絶対無理。
   kもわかっていただろうけどね。
       だんだん、会えるチャンスもタイミングさえ取れなくなってきた。
       年々会える時間も回数も少なくなっている。  
       これを機会に自然消滅しなさいってことかしらね(苦笑)

スポンサーサイト
[ 2015/02/01 22:45 ] 未分類 | TB(-) | CM(12)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/02/03 07:43 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/02/03 15:35 ] [ 編集 ]
こんばんは^^法事おつかれ様でした
ホテルで仕事をしているので 
法事の大変さが よーくわかります!
[ 2015/02/03 18:56 ] [ 編集 ]
鍵コメさんへ
主人が他界しました。
>
>
え?うそ・・・。旦那様、長年単身赴任から、昨年春に帰ってみえたばかりだよね?
心よりお悔やみ申し上げます。

鍵コメさんは、体調の方は、大丈夫ですか?
私も何やら忙しかったので、なかなかメールも出来ず・・ごめんね。

少しは落ちつかれましたか?
時々、鍵コメさんの様子聞かせて下さいね。心配です・・。



本日、通夜
> 明日、告別式です。
>
> 頑張ってきます…
[ 2015/02/03 23:50 ] [ 編集 ]
鍵コメsさんへ
> ほんとすごいですね!
> 何人分もの御膳の用意をするだけでも大変、
> 後片付けも何もかも、ほんと、お疲れ様でした(;・∀・)
>
ありがとうございます。法事の裏方は慣れてるハズなんだけど、何だか今回は疲れました。
葬儀が少し前にあったりしてバタバタしてたからかな。

そんな時、ご主人は手伝ってくれないんですか?>
法事がわかってる段階では、何もしなかったです。と言うより、義母が私につきっきりだから、手伝えることがないのです。当時も義父がいるので、何をしていいのかわからず、とりあえず私が頼んだことだけは、してくれました。けれど、やはり掃除、台所は女が主ですよね^^;

鍵コメさんも、やはり結婚当時は法事も大変だったんですね。
まあ、そういう時代でしたから・・。あの頃はね。
だから、私もそういうもんだと思い、当時は大変だとは思いませんでした。

だけど、今は外で食べに行く時代・・って言うか、楽になっているハズなのに、あえて昔風に行うと言うだけで、何やら大変だった気がしたのでした。
それと、そろそろ自分にも責任がかかってくる年齢になってきたと言うか・・。
義父母は、ある意味、私に覚えさせようとしてたのかも、しれませんね。
何があってもいいように・・。

そう思うことにしました。

でもでも・・・。鍵コメさんの姑さんのあの言葉は・・。
ムカつくのもわかります。みんな、それぞれに、いろいろあったのですね。
[ 2015/02/04 00:04 ] [ 編集 ]
noriさんへ
> こんばんは^^法事おつかれ様でした
> ホテルで仕事をしているので 
> 法事の大変さが よーくわかります!

ありがとうございます。
大変さわかって頂けたんですね。
でも、それ以上にホテルのお仕事って、大変でしょう?
お体に気をつけて、頑張って下さいね。
[ 2015/02/04 01:47 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/02/04 01:50 ] [ 編集 ]
鍵コメRさんへ
そんなことがあったんですか・・。大変でしたね。
心よりお悔やみ申し上げます。

突然亡くなられると言うことは、ショックも悲しみも大きいです。
それも、後になればなるほど、その悲しみは増してくる気がします。生前を思い出してしまうから・・。
私の父がそうでした。不慮の事故だったんで・・。亡くなるだろうと言う、心の準備がなかったから・・。

でも、私の叔父が言ってました。
「親が亡くなるのは、順番だから仕方がないと思うこともあるけど、兄弟が亡くなると言うことは悲しみも、ショックも大きいんだよ」と・・。
鍵コメさんも、そうだと思います。
大切なことは、亡くなられた方の残りの人生を鍵コメさんは、精一杯生きることのように思います。
悲しみも時が解決してくれると思います。
1ヶ月後の法要が終わったら、少しは落ち着くかもしれませんよ。
それまで、鍵コメさん自身のお体に気をつけて下さいね。
[ 2015/02/04 23:19 ] [ 編集 ]
風華さん、おはようございます。
そして法事お疲れさまでした<(_ _)>

読ませて頂いてると、私の祖父の法事での
母の忙しさを思い出していました。
わたしも手伝いはしましたが
実の娘なので、母の言いなりで動いてはいましたが
三十三回忌には、もう両親もこの世にいるかどうか・・・


そして準備期間も大変でしたね
ご両親がまだお元気にされているので
しっかりとお務めをしないといけないとは思いますが
風華さんたちの時代になれば
変えていくことができればいいですね。
今後の若い人達の為にも・・・

本当にお疲れさまでした。
そんな中で彼さん
近くに来られていたのですね。
次回はゆっくり会えますように・・・
[ 2015/02/05 10:41 ] [ 編集 ]
碧さんへ
> 風華さん、おはようございます。
> そして法事お疲れさまでした<(_ _)>
>
こんばんは(^O^)/
ありがとうございます。何とか、終わりました。ホッとしました。


> 読ませて頂いてると、私の祖父の法事での
> 母の忙しさを思い出していました。
> わたしも手伝いはしましたが
> 実の娘なので、母の言いなりで動いてはいましたが
> 三十三回忌には、もう両親もこの世にいるかどうか・・・
>
そうですね。親さんがいると、やはり主にになってもらえるので、言われるままに動くだけに過ぎちゃうよね。
だけど、そうやって覚えていくのだと、思います。
三十三回忌と言うと、あと何年後かな・・。その時は、もしかして自分が主で動かないといけなくなっているのかも知れないね。


> そして準備期間も大変でしたね
> ご両親がまだお元気にされているので
> しっかりとお務めをしないといけないとは思いますが
> 風華さんたちの時代になれば
> 変えていくことができればいいですね。
> 今後の若い人達の為にも・・・
>
>
そうなんです。何よりも、掃除が大変でした。平生往生と言う訳でもないのですが、大掃除と同じようなことさせられましたから・・。それも、1ヶ月くらい前から、何回も拭き掃除。その後ダスキンがけ・・。
庭掃除も、木が多い庭なので、風がふくたび木の葉が落ち、そのたびに穿いていました。
(まともに掃除してたら、2時間はかかるのですよ^^;  庭掃除だけで・

本当にお疲れさまでした。
> そんな中で彼さん
> 近くに来られていたのですね。
> 次回はゆっくり会えますように・
・・
ありがとうございます。今回は彼と会える範囲に来てたけど、少ないチャンスでした。
また、いつか会える機会を待っていようと思ってます。いつかね・・。
[ 2015/02/05 23:20 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした
法事は大変ですね。
御自宅でとなればかなり御負担がありますね。
私はまだお手伝いレベルの経験しかないですが、日頃からボーっとしているから風華さんを見習いたいです。

彼さんとの機会は少なくて残念でしたね。
自然消滅、、、淋しいけど考えてしまいますね。
私も最近、ふとよぎります。
[ 2015/02/10 10:00 ] [ 編集 ]
マミさんへ
> 法事は大変ですね。
> 御自宅でとなればかなり御負担がありますね。
>
一応、何回も法事の経験はしてるけど、覚えておかないと・・と言うことと、その前の掃除が疲れたかな。今回の場合はね。

私はまだお手伝いレベルの経験しかないですが、日頃からボーっとしているから風華さんを見習いたいです。
>
>
いえいえ、私もボーとしてる方ですけど、両親と同居なんで、動かないといけなくなるんです。
「言われる前に動け!」ってとこですかねえ・・。



彼さんとの機会は少なくて残念でしたね。
> 自然消滅、、、淋しいけど考えてしまいますね。
> 私も最近、ふとよぎります。

そうなんです。年々彼と会う回数が減っているんです。
淋しいけど、これが普通なんだから・・仕方がないよね。成るようにしかならないもん。
[ 2015/02/10 22:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。